引き出物や内祝いにカタログギフトが喜ばれる理由

感謝の気持ちをしっかり示したい引き出物や内祝いですが、だからこそ相手が欲しいものをプレゼントしたいものです。しかし、渡す相手の状況や家族構成によって欲しいものは全く異なります。カタログギフトで渡した人が欲しいものを選べる形を取ればミスマッチを極力減らすことができます。

宅配で結婚式の引き出物を注文する流れ

トラックの模型

メインの商品を選ぶ

最も重要なメインになる商品はもらう人のことを考えて選びます。友人や家族など関係性によって違うものを贈ることも可能です。数点がセットになったものが用意されているなら中身を見てみましょう。最適な組み合わせになっている上にお得感もあります。

包装を選ぶ

メインの商品が決まったら包装や箱などを選びます。同封するカードや熨斗もここで依頼をしておきましょう。商品を贈る目的を選べば最低限マナーとして必要な熨斗などは先方が用意してくれます。目的をきちんと伝えておいてプロの気づきを頼ると安心です。

お届け先を指定する

式場に贈る場合は荷物がなくなってしまうことがないようにしっかりと式場の担当者の方と打ち合わせをしておきます。個人宅へ宅配を依頼する場合は住所の間違いに注意しましょう。オンラインサイトで購入の場合、本来はお届け先を1件ずつ入力しますが件数が多いと一覧で受け取ってくれることもあります。

支払い方法を指定する

店頭で依頼した場合はその場決済が多いですがオンラインで購入した場合、いくつか選べます。振り込みやコンビニ決済が完了していないと注文成立とみなされない会社もあるので支払い期限は十分確認して遅れないようにしましょう。

返品・交換時の手続きを確認する

配送時の傷や破損などが発生したときの対応方法をきちんと確認しておきましょう。受け取った方が直接手続きをしてもらうことになる可能性が高いのでこちらはフローを把握し、適切なご案内ができるように備えておきます。

引き出物にカタログギフトを選ぶ時は割引サービスに注目

出席者分の引き出物を全て依頼すると、そこそこの数を注文することになります。極力早く確定させて割引サービスを期待しましょう。発注数に応じての割引や早期割引が利用できます。数が多いだけに安くできると他の要件で使える予算が増えます。

引き出物は宅配にしよう【相手に配慮することが大切】

男女

宅配の引き出物を選ぶ際に気をつけること

通常の宅配便と同様、相手がすぐ受け取れるとは限りません。期限の短い食品などはいつ相手のところに届くかを意識しましょう。もちろん贈る際にメーカー側がある程度の配慮はしてくれますが、宅配便は最長で1週間程度受け取れないことを考慮します。通常引き出物は式場で渡すものです。それを宅配便で送るので、届くのが遅すぎることがないようにしましょう。しかし、だからと言って当日の夜など慌てた日程に設定すると遠方の方は帰り着く前に先に引き出物が着いてしまうこともあります。できるだけ個人の事情を鑑みて喜んでもらえるようにすると失敗がありません。